健康管理と気分転換で夜勤を乗り切る

数ある業界の中でも仕事内容によって、夜間勤務が多い業界とそうでないものに分けられます。
特に夜間勤務が多いのは、ヘルパーなどの介護業界や看護師などの医療業界です。
これらの仕事は夜間も入所者や入院患者に対応しなければなりません。

特に介護業界は介護士の人材不足が原因で一人当たりの仕事量が増えています。
本来、夜勤勤務の後に休暇をとれるはずが、そのまま昼が始まってしまうシフトも可能性はゼロではないのです。
夜勤と日勤を何度も繰り返している場合、どうしても生活リズムが崩れてしまいます。
生活リズムが崩れると、睡眠時間が短くなったり、体調不良になることも多くあるので注意が必要です。
いわば、健康管理をしっかり維持するためには生活リズムは切っても切れない関係なのです。
生活リズムを崩さないためにも、しっかりと対策し自分の健康管理は自己責任でコントロールすることは必須と言えます。

問題解決のキーワードは休日の過ごし方です。
休日は自分の気分転換と同時に、生活リズムを正しく戻す良いチャンスなのです。
例えば、夜勤の週が終わり翌週から日勤が始まる場合、この休日で睡眠時間を入れ替える必要があります。
その場合は夜勤明けにすぐに眠りにつくのではなく、運動などで少し身体を動かすことをおすすめします。
夜勤明けは疲れが溜まっているかもしれませんが、少しでもお昼の間に身体を動かすことで夕方から夕食時にかけて眠りやすくなります。
さらに、翌日の日中は思い切り気分転換することも可能なのです。
このように、すぐに眠りにつかない、気分転換をするといったクッションをはさむことで、生活リズムを修正しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です